歯槽膿漏

歯槽膿漏とは

歯槽膿漏は、歯周病と同様の意味合いを持ち、歯の支台の役目を担う歯槽骨が溶けてしまう病気のことを表します。

近頃は歯槽膿漏と比べて歯周病のほうが浸透していてよく使われるでしょう。

歯槽膿漏というのは、虫歯と同レベルで歯の喪失につながる要素と考えられています。

虫歯などに端を発して歯がなくなってしまうのは年齢が若い人に多く見られることですが、歯槽膿漏にかかると40代を超えた人が歯をなくしてしまう主たる要因と考えられています。

この頃の日本では、35歳以上の8割ほどの人が歯槽膿漏に苦しんでいるとも伝えられています。

しかしながら歯槽膿漏は最初は痛みなどの症状があらわれないため、歯槽膿漏を患っていながら自覚していない人がほとんどです。

歯槽膿漏はじわじわと気が付かない間に病状が進行して、発見した時には手の施しようがなくなっているといったこともよく耳にします。

気が付いたときには何本もの歯を喪失することがないように、歯の自己メンテナンスを徹底的に行いましょう。

その上、数か月おきに歯科医に口の中を検査をしてもらうことも、歯槽膿漏にかからないためには効果的なやり方です。

歯槽膿漏というのは症状として骨が溶けていくものですが、突然骨が溶けていくといったものではないです。

常日頃から自分でも口内のお手入れをし、歯だけでなく歯茎にも変わったことがないかを確認することで自分の大切な歯がなくなってしまうこともないでしょう。

歯槽膿漏の自覚症状として、口臭がきつくなる、歯が前より伸びた、歯の隙間にものが挟まりやすくなったというようなことがあります。

この他、歯茎が赤く腫れ上がったり、出血が見られるなどの異変が生じたら、早い段階で歯医者に受診してもらいましょう。

 

サイトマップ

[ サイト更新日: 2021-05-24 ]
FXプライムで口座開設